【無料あり】Google SEO対策におすすめのツールは6つだけ【コンテンツSEO向け!分析チェックツール厳選比較】

In SEO対策 by スズキ@俺のSEO対策Leave a Comment

どうも。俺のSEO対策、管理人のスズキです。

今回はSEO対策におすすめのツールを紹介していきます。

 

インターネットにはSEO対策用のツールが数え切れないくらい公開されていますが、その中でも本当に便利なものはそれほど多くありません。

この記事では、法人SEOコンサル業務にあたっている僕が普段から使っている、『心からおすすめ出来るSEOツール』を厳選して紹介します。

 

正直な話、SEOツール探しに多くの時間を費やすのは「ノウハウコレクター的で」かなり無駄なので、この記事で紹介しているツールをいくつか試したら、すぐに自サイトのコンテンツ修正に取り掛かってみてください。それではどうぞ。

無料で使える!おすすめのSEO対策ツール

まずは無料で使えるSEO対策ツールから。「最初からお金を掛けるのは怖いなぁ…。」という方はこちらから試してみると良いでしょう。

 

SEO検索順位ランキングチェックツール:GRC

 

GRCはSEOツールラボ(有限会社シェルウェア)が制作している、Google検索順位をチェックするためのツールです。

 

–>>GRC公式サイトはこちら

 

SEO対策とはすなわち「狙った検索キーワードでの順位を上げること」を目的としているわけなので、その目的である検索順位の変化をチェックしないことには始まりません。検索順位は毎日、場合によっては数時間おきに変動しているものなので。

 

ちなみに、簡易的にランキングをチェックするならこんなツールもあります。

 

–>>検索順位チェッカー

 

ただ、これだと殆ど手打ち検索とあまり変わらないですね。何よりデータとして順位推移が保存できないので常用は厳しいです。

 

ちなみに、検索順位は英語でSERPS(サープス)と言います。

SERPSをチェックするツールは日本国内・海外問わず数多くありますが、GRCはその中でも性能の高さ・価格のリーズナブルさ共にベストです。多くの企業でも導入されていることからも、その信頼性を伺うことが出来ますね。

 

本来は有料ツールのGRCですが、実は無料でも使えます。ちょっと機能制限されてはいますが、試しに使ってみるには十分ですよ。

 

–>>GRCを無料で使ってみる

 

Google Search Console(グーグルサーチコンソール)

 

次は、Googleが開発・公開している無料ツール「Google Search Console(グーグルサーチコンソール)」。

 

–>>Google Search Consoleはこちら

 

サイトのGoogle検索エンジン登録(インデックス)を促進する機能や、サイトがどのようなキーワードで検索されているかなど、サーチコンソールでしか知ることの出来ない情報を調べることが出来ます。

サイト分析・改善には必須のツールなので必ず使いましょう。以下の記事で使い方について詳しく解説しています。

 

–>>Google Search Consoleはこちら

 

Google Analytics(グーグルアナリティクス)

Google Analytics(グーグルアナリティクス)もGoogleの開発・公開している無料ツール。

 

–>>Google Analyticsはこちら

 

Google Analyticsでは、サイトへのアクセス数(PV)や流入経路、ユーザーのサイト内行動などを分析できます。

こちらもサイトの分析・改善をするには必須のツールなので、必ず使いましょう。1つ前のGoogle Search Consoleと合わせて、SEOやるならマスト、Google3種の神器です(笑)

ちなみに、3種の神器の残り1つはGoogleキーワードプランナー。ただ、これはSEOよりもWEB広告運用でよく使いますね。

SEO的には次のUberSuggestの方がもっとおすすめです。

 

–>>Google Analyticsはこちら

 

UberSuggest(ウーバーサジェスト)

UberSuggest(ウーバーサジェスト)は割と近年新しく登場したSEOツール。ニール・パテルさんという海外のWEBマーケターが公開しているツールです。

 

->>UberSuggest公式サイトはこちら

 

UberSuggestでは入力したキーワードが月にどれくらいの回数検索されているかがわかります。これ、月間検索回数(検索ボリューム)と言います。

 

SEO初心者あるあるですが、全く検索需要が無いキーワードで1位を取れたことを喜んでいる人とかたまにいます。んー、例えば「SEO 眠すぎる」とかはどう考えても検索需要無いでしょ?(笑) 意味不明すぎですしw

 

でも、調べなきゃ検索需要があるかどうかなんてわからないので調べましょう、という話です。で、検索需要があるキーワードで記事を書いていきましょう、という話。検索需要のあるキーワードで上位表示したらアクセスが沢山来るのは自然ですからね。

 

UberSuggestを使うと、「狙っているキーワードで上位表示した場合、どれくらいのアクセスが見込めるか」がわかります。使わない手は無いですね。

ちなみに、このニールパテルさんのサイトはUberSuggest以外にも良い無料ツールが沢山あるので、そちらも試してみると面白いと思いますよ。

 

->>UberSuggest公式サイトはこちら

 

関連キーワード取得ツール(サジェストワード取得ツール)

関連キーワード取得ツールでは、UberSuggestで拾いきれないほど検索回数が少ないけれども、実際に検索されているサジェストキーワードを調べることができます。

 

->>関連キーワード取得ツールはこちら

 

このツールで取得出来たキーワードを記事中に散りばめると、その細かいキーワードで上位表示してアクセスが増えたり、結果的に検索需要の大きいキーワードでの上位表示に繋がるので、面倒臭がらずにしっかりとキーワードをリサーチしましょう。

 

こう書くと、「SEOって凄く地味な作業の繰り返しなんじゃないか?」と思ったそこのアナタ。非常に鋭い。そう、SEOとはメチャクチャ地味な作業をどれだけコツコツやれるかみたいな世界なのです(笑)

 

->>関連キーワード取得ツールはこちら

 

有料でおすすめのSEO対策ツール【課金する価値あり】

次は有料で使えるおすすめのSEO対策ツールについて。巷には多くの有料ツールがありますが、お金を払ってでも使いたいと思えるものは限られています。

ここでは、僕が今現在も使っているツールだけを紹介します。とりあえず、ここにあるものから試してみてください。

GRC

 

無料でも紹介したGRCですが、本来は有料の検索順位チェックツール。

 

–>>GRC公式サイトはこちら

 

検索順位をチェック・保存出来るツールは色々ありますが、GRCがベストです。ここまで褒めるとステマ臭いのでアレですが、本当に最高だからベストとしか言いようがないのです(笑)

 

(というか、ここだけの話、他のツールは値段が高い割に機能的に微妙な物が多いです。)

GRC以外の検索順位チェックツールはこちらの記事で解説しているので、ぜひ読んでみてください。

 

–>>GRC公式サイトはこちら

 

Ahrefs(エイチレフス)

 

Ahrefs(エイチレフス)は月額課金制の有料ツール。

 

->>Ahrefs公式サイトはこちら

 

Ahrefsでは、自サイトや競合サイトがどのようなキーワードで何位に位置していて、どれくらい検索流入があるかなどがわかります。多少誤差はありますけどね。

なので、ぶっちゃけAhrefsを使って競合分析すると「どのキーワードで収益化しているかがモロバレ」します(笑)

上場企業系の大規模サイトは

  1. Ahrefsなどの競合分析ツールを使ってキーワード抜き出し
  2. 同じキーワードを狙って記事内容も被せてくる
  3. 上場企業サイトのドメインパワーで華麗に抜き去る(笑)

みたいな事をフツーにするので…。数の暴力でブン殴ってくるSEOですね。札束が舞っています(笑)

 

Ahrefsは最初の1週間は7ドルでお試しできるので、1週間ガッツリ使ってその機能性を確かめてみると良いですよ。かなり勉強になるはずです。

 

->>Ahrefs公式サイトはこちら

 

ちなみに、afbというアフィリエイト広告ASP経由だと、もし本契約に移行する場合に各プランが10%OFFになるので、もしかしたら本契約するかも…。」という方はafb経由がおすすめです。

 

->>afb公式サイトはこちら

 

【SEO対策用ツールを使えば上位表示できる】←これは幻想です

ここまでSEO対策におすすめのツールを紹介してきたわけなのですが、ここで1つ注意点をば。

言ってしまえば当然ですが、SEOツールを使うだけでは検索上位表示は出来ません。

SEO対策ツールは基本的に「あなたのサイトの現状を分析して、改善するためのチェックツール」が殆どです。もしくは「競合サイトをチェックして、あなたのサイトに足りないところを探す」ものも多いですね。

いずれにせよ、サイトをチェックしただけで満足してしまうと効果は出ません。

 

この記事の冒頭に「SEOチェックツールを探すのに多くの時間を掛けるのは無駄」と書きましたが、その真意は『チェックするのに時間を割くのはほどほどにして、サイト内の記事コンテンツを充実したものにする努力をすべき』ということです。

サイト改善をしっかりすれば、個人運営のサイトだとしても数十万程度の収益化は普通に可能なので、月1000円~10000円程度の出費であれば悪くない投資の1つだと思います。

というか、順位チェックはマストですね。Ahrefsは無理して使わなくても全然OKだと思います。

SEOキーワード出現率分析ツールは必要ない

SEO系のツールの中には、「キーワードの出現頻度を解析するツール」なんかもあったりします。

この類のツールはワードサラダを作ったり、SEO実験用としてはかなり有用なのですが、ブログなどのコンテンツSEOにはあまり要らないかなと思います。実際に、僕は記事を書く時にこの類のツールを使うことはまずありません。

 

例えばですが、今ご覧頂いている当記事で上位表示を狙っているキーワードは「SEO ツール」とか「SEO 対策 ツール」とかだったりするわけです。

じゃあ記事内や各見出しに「SEO」や「ツール」とか入れまくれば上位表示出来るかと聞かれたら答えはノーです。まぁ、1回も入れないとかの場合も、ほとんどの場合では上位表示出来ないとは思いますが(笑)

 

今のGoogleにはキーワード詰め込み型の検索エンジンハックは通用しませんし、上位表示されている記事のキーワードの配分バランスを真似た程度で順位が上がるほど甘くは無いです。

 

大切なことは、『ユーザーを見ること』。よく言われる話ですが。

 

ユーザーが検索してきたそのキーワードで「ユーザーがどんな情報を求めているか」にフォーカスしましょう。ユーザー目線を忘れたSEOは答えの無い怪しい新興宗教となんら変わりありません(笑)

まとめ

この記事では、SEO対策に使える各種ツールを、実際に僕が使っているおすすめのものだけ厳選して紹介しました。

ぜひ、思い立ったらすぐにツールを使ってサイト改善に取り組んでみてください。記事が参考になれば幸いです。

それでは今日はこの辺で。

Leave a Comment